演劇の練習

 ボイストレーニングの基礎知識

演劇の役者にとってボイストレーニングは不可欠

演劇、つまり舞台でお芝居をする役者にとって、ボイストレーニングをしている人と、していない人とでは差というのは長いスパンでみると断然違ってきます。
トレーニングを受けていない人は我流のため大きなお芝居、上演時間が3時間から4時間で面積の広い舞台、2000人以上の客席の劇場、ロングランなど上演期間の長いもの等、大作に関わるとなると、声を枯らすことが多いのです。
その為にはまず、丈夫な声帯と正しい発声が必要になってきます。
トレーニングはマンツーマンで受けるのがベスト。
自分に合わせた練習をトレーナーは指導してくれます。
そしてそれを毎日、自宅でも近所迷惑にならない様、気を付けながら練習を繰り返すのです。
そうして、トレーニング期間が長い役者がベテランの役者になり、主役級の役につけるのです。
「この人間は、声を枯らさない」と演出家に信頼を得るのです。
練習期間も含めて、正しい発声でまた、コンスタントに毎日の演技に耐えうることが出来ている者だけがこの演劇界の中で生き残るのです。
厳しい世界です。

演劇の練習に欠かせないボイストレーニング

演劇では、広い劇場で遠くまで声が伸びることも大切ですし、聞き取りやすい発音で言葉を話すことや時には歌を歌うことも必要となってきます。
劇なのでいろいろな演技をしながら、大きな声や美しい歌声を披露しなければなりません。
そのために行われているのが、ボイストレーニングです。
ボイストレーニングでは発声方法のほかに、腹筋を鍛えたり滑舌の良い話し方なども学んでいきます。
喉からではなく腹の底から声を出すことが大切なので、腹筋トレーニングは欠かせません。
壁に張り付いて空気椅子を行った姿勢や仰向けになって足を上げたままで、セリフを練習するなどのハードなトレーニングも時には行われています。
おなかに手を当てて口を大きく開いて「あえいうえおあお」の声出しも、滑舌を良くする効果にもつながります。
このようなボイストレーニングの成果が出て、自分の納得できる素晴らしい演技ができたときには、きつい練習も忘れて感動できるものでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

門前仲町 美容室

2018/5/16 更新

Copyright 2015 ボイストレーニングの基礎知識. All rights reserved.